THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

【iPhone7】カメラ性能が爆裂アップしてました…ということで訂正まとめ。

   

えー、昨日エントリーした記事内で、大嘘ぶっこいてました。

iphone7_camera_eye

以下、昨日の記事内でぶっこいた大嘘↓

カメラ性能は変わらず、Plusのみデュアルカメラへ→ほんと

これは完全に予想通り。

Appleのカタログスペックでは、大きな差異はありません。

カタログスペックデハ、オオキナサイハアリマセン。

何を見ていたんだ私は…よくよく調べたら、

めっちゃアップグレードしとるやないかい!

完全にやらかしました。

iPhone7のカメラ性能は、iPhone6sのソレに比べて

大幅アップしている模様です…

反省しながらまとめましたので読んでやってください。

iPhone7の進化したカメラ性能とは

ということでまずはiPhone7のカメラ性能から

書いていきたいと思います。

iPhone6sと比べて、

大きく進化しているのは以下の5点です。

・レンズが1枚増えて6枚レンズに

・F値が2.2→1.8へ

・光学式手ぶれ補正搭載

・インカメラが5MP→7MPへ解像度アップ

・クアッドLEDトーンフラッシュ

その1 レンズが6枚レンズに進化!

iphone7_camera_lens

iPhone6sでは5枚のレンズを使って、

被写体の撮影を行っていましたが、

iPhone7では6枚のレンズを使って撮影を行います。

そのため、iPhone6sよりも一段と鮮やかで

精細な写真を撮影することが可能となります!

その2 F値が2.2→1.8へ進化!

このF値というのは、カメラの絞り値のことで

数字が小さければ小さいほど、カメラの開口部が大きく

より多くの光を取り込むことが可能です。

そのため、暗所での撮影にも強くなります。

iPhone6sと比較すると、約1.5倍の光が

カメラセンサーへ届くことになります。

その3 光学式手ぶれ補正搭載!

iphone7_camera_engine

iPhone6sでは、電子式の手ブレ補正機能が搭載されてました。

電子式手ぶれ補正と光学式手ぶれ補正の違いは、

・電子式手ぶれ補正

元の画像をデジタル処理して補正する。

つまり、

合成写真で手ブレをごまかす。

 

・光学式手ぶれ補正

レンズを動かして手ブレを補正。

つまり、

合成しないから画質がキレイ。

と、いうことになります。

実はこの光学式手ぶれ補正は、

iPhone6sPlusのみに搭載されていた機能で、

iPhone7も光学式手ぶれ補正を採用しているところを見ると、

今後のiPhoneのデフォルト機能となりそうです。

その4 インカメラ性能が5MP→7MPへ進化

インカメラの解像度が、500万画素から

700万画素へ進化しています。

このため、iPhone6sよりも一段とキレイな

セルフィー撮影や、Facetimeが楽しめます。

その5 フラッシュがクアッドLEDへ進化!

4つのLEDがiPhone6sの約1.5倍明るく

被写体を照らし出します。

周囲の色温度に合わせてフラッシュを調整するという

素晴らしいスペックなので、

よりシャープで美しい写真が撮れること間違いなし。

カメラ強化の本命、iPhone7Plus

デュアルレンズを搭載したカメラ強化の本命。

iPhone6sPlusと比べて進化を遂げているのは以下の3点です。

・デュアルレンズ

・光学ズーム機能

・ディープエフェクト

その1 広角と望遠の2つのレンズで構成されたカメラ

iphone7plus_camera_lens

それぞれF値の違う広角レンズと望遠レンズの組み合わせで

iPhone6sPlusよりも更に美しい写真を撮影することが可能です。

それぞれのレンズのF値は、

広角:1.8

望遠:2.8

となっています。

その2 光学ズームで画質劣化なし!

iPhone7Plusには、iPhone7にも搭載されていない

光学ズーム機能があります。

従来のデジタルズームでは、画質の劣化が顕著で

なかなか使いづらい印象をみなさんもお持ちとは思いますが

光学ズームの搭載で、画質劣化のないズーム撮影が可能です。

光学ズームとデジタルズームの違い

・デジタルズーム

画像の中心部分を切り取って拡大するズーム

つまり、

画質が超絶劣化

・光学ズーム

レンズの焦点距離を変えて虫眼鏡のように拡大するズーム

つまり、

画質の劣化がほとんどない

その3 ディープエフェクト

iphone7plus_camera_effect

ディープエフェクトは、写真のように

被写体にバチッと焦点を合わせて背景をぼかす

一眼レフっぽい写真が撮れるエフェクトです。

Appleは被写界深度エフェクトと呼んでいます。

今まではデジタル一眼レフにしか撮れなかった

プロ写真家っぽい撮影も簡単にできるようになります。

すごい。

iPhone7と7Plusの誕生でスマホの概念が変わる

前の記事にも書きましたが、FeliCa対応や耐水性など

今までに欲しかった機能が次々と追加され、

本当の意味で痒いところに手が届くスマホとなったiPhone7。

カメラの機能も大幅に進化し、

もはやハイエンドAndroid端末は存在価値を失うかもしれません。

前の記事では買わないと言っていましたが、

いろいろ調べていくうちに欲しくなるのが人の性。

予約開始は本日16時01分から。

どうしよう…

-スポンサーリンク-

 - Apple