THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

Googleアカウントに不正アクセス!もし喰らった時の対処法。

   

突然やってくる不正アクセス的なもの。

私のところにも不正アクセスの痕跡があったようなので、

状況の説明と一応の対処方法を載せておきます。

全3回に分ける予定。

Googleさんから、警告メールがキタ。

先月末の話ですが、Google先生から警告メールがきました。

「アドセンス関係でなんかやらかしたかな?」

なーんて思って見てみると、少し様子が違うみたい。

スクリーンショット_2016-06-13_13_51_25

読めばわかると思いますが、誰かが私のアカウントにログインしようとしたのを

Google先生が止めてくれたみたいです。マジ感謝。

不正アクセスは岐阜県から飛んできた。

端末を確認すると、こんな感じになってました。

写真 2016-05-30 20 23 30

正直言うと、過去にもこんなメールが来たことあったのですが

その時は自分でパスワードを間違えて自分がブロックされるという恥ずかしいメールでした。

もしかして今回もそれなんじゃ…と思っていましたが、違うようです。

端末、ログイン場所からしてぜんぜん違う。

もちろん、私はWindowsを持っていませんし、岐阜にも住んでいません。

合致する点といえばGoogle Chromeくらいですが、そんなものは何のアテにもならないので

完全に第三者からのログイン試行です、ファック!

ということで、プチ反撃。

上の画像を下にスクロールすると、IPアドレスが表示されていたので

早速IPアドレスを解析しました。解析結果はこんな感じ。

写真 2016-05-30 20 25 31

うーわ、調子乗ったわ、何書いてあるか全くわからん。

と、思っていた時に画面真ん中あたりの「remarks」がやたらと多いことに気づきました。

remarksはプロバイダーからのメッセージ

remarks欄に書いていることを簡単に要約すると

このIPアドレスからスパム行為やウイルスアラートが出たら

このメールアドレスまで連絡くれよ、よろしくな。

という感じです。

早速クレームメールを作成して送信。

これで完了した気になっていましたが、対処療法では根治治療は無理なので

Googleの2重認証システムを導入することにしました!

その辺りのことは、次回の記事で書いていきたいと思います!おたのしみに。

-スポンサーリンク-

 - Daily