THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

極寒!北海道小樽の田中酒造どぶろく祭で地酒を飲み比べレビュー!

      2017/02/18

極寒の地、北海道小樽にある酒造まで、

地酒の試飲会に行ってきました。

今回お邪魔したのは、北海道小樽市にある田中酒造さんです。

実は私、日本酒ってそんなに詳しいわけではないのですが

そろそろいい大人だし、日本酒の知識も入れとかないとってことでいざ。

雪の中にそびえる風格ある外観にシビれる。

いや、申し訳ない、これは撮り方がマズかった。

しかしながら寒すぎて早く中に入りたかったんです…

明治38年頃建設された石造りの亀甲蔵。

かなり年季が入っていますが、汚いイメージはなかったです。

工場見学もそこそこに、試飲会場へ

2階へ上がると、目的の試飲会場を見つけました。

15種類くらいの地酒と、5種類くらいの甘酒の試飲ができます。

ちなみに甘酒ってアルコールが入ってないんですって、このとき初めて知りました。

試飲していくお酒の中で、お気に入りには投票できるみたいです。

持ち票は1人につき2票。男性女性で色分けされていて、

それぞれの好みがわかるようになっています。

それでは地酒レビューをしていきます。

1.ジュースの如き飲みやすさ「ぶどう娘」

どぶろく祭り限定のお酒。

実はリキュールらしく、飲んだ感じは完全にぶどうジュース。

日本酒的なチビチビよりもグビグビ飲めるあかんやつ。

冷やしてキュッと飲んだらたぶん最高。

アルコール度数5%

2.これぞどぶろく!「純米大吟醸どぶろく」

THEどぶろくといった濁り、とろみ。

口当たりは甘口で、鼻に抜ける香りが逸品。

日本酒好きは間違いなくスッと飲める。

ちなみに人気No.1

アルコール度数13%

3.変わり種どぶろく「生姜ハチミツどぶろく」

生姜の香りとはちみつの相性はどぶろくでも最高。

上品な甘みと、生姜のぴりっとした辛味は絶妙の一言。

お値段も手頃で、私は即決で買いました。

アルコール度数8%

4.アイヌ文化との融合「カムイトノト」

カムイはアイヌ語で「神」、トノトは「お酒」を意味します。

稗(ひえ)と米麹で熟成させたどぶろく。

甘口ですが、甘さは割と控えめ。

何を飲んでも美味しく感じるので、このあたりでお水を含んで口をリセットします。

アルコール度数10%

5.ヨーグ◯ットにそっくりなお味「雪あそび」

完全にアレです、ヨーグリットです。

しかしながら、日本酒特有の香りもマッチして、コレまた絶妙な味わい。

ぶどう娘と同じく、日本酒ベースのリキュールです。

アルコール度数は5%

6.存在感強めのTHEどぶろく「親玉」

試飲した中で一番ドロっと(とろっと)していて

甘口のくせにちょっと飲みづらいと思いました(笑)

日本酒の香りは少し強めで、日本酒が苦手な人はやめといたほうが良いです。

一緒に行った友人は、ウマイウマイと購入していましたが、私には合いませんでした。(笑)

アルコール度数14%

7.辛口どぶろく「美苫」

日本酒ビギナーの私は甘口派のため購入には至らず。

口にふくむと豊かな香りがしっかり伝わってきます。

スッキリした飲み口が辛口の魅力!と言いますが、

何がスッキリしているのかちょっとわかりませんでした。

・・・ごめんなさい!

アルコール度数14%

8.透き通った細身のスタイル「小樽美人」

◯◯美人というネーミングはよくありますが、

割りとハズレが多いのもまた事実。

しかしながらコイツは大当たりで、2本買いました。

まじでコレ、ほんと美味しいっす。冷でホッケとかに合わせたい。

アルコール度数12%

9.日本酒じゃないけど番外編「菩提樹のミード」

オホーツク訓子府(くんねっぷ)町にある菅野養蜂場で作られた

はちみつが原料のお酒、ミード。

ミードってなかなか聞き慣れないと思いますが、

お酒の種類のひとつで、ウイスキーとかビールとかそういう大枠の一つだと思ってください。

これがかなり複雑な味わいで、本当に飲んでもらいたいです。

個人的にはハナマルあげたいレベルで美味しかったんですが、予算の都合で購入には至らず。

試飲が終われば買い物タイム。

一通り試飲を終えたらあとは、予算と気が済むまで買い物。

1階に降りると物販ブースがあるので好きなものを買いましょう。

お酒だけでなく、酒粕やおつまみなども充実。

酒造へお邪魔するのは初めての経験でしたが

本当にみんな美味しくて、チビりそうでした。

お金持ちだったら全部一本ずつちょうだいとか言えるのにね(笑)

みなさんも北海道小樽へ旅行の際は、是非足を運んでみてください!

住所:北海道小樽市信香町2番2号
TEL:0134-21-2390
FAX:0134-21-2424
E-mail:kikko-g@triton.ocn.ne.jp

営業時間:AM9:00~PM6:00
最寄のバス:中央バス 散策バス「田中酒造亀甲蔵前」下車
徒歩:JR南小樽駅より約10分
駐車場:乗用車30台、大型バス5台
特徴:明治38年頃(1905年頃)に建てられた石倉倉庫群。
小樽の歴史的建造物に指定されています。
「酒の製造場(蔵)」見学と当蔵直出しの「しぼりたて生原酒」ほか
日本酒約10種類を無料で試飲できます。

-スポンサーリンク-

 - Daily