THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

【iPhone】酷使しすぎたiPhone6sを自力修理!バッテリー交換は思ったよりもカンタンです。

   

iphone6s_battery1

先日、ゲーム専用端末として酷使しすぎたiPhone6sの

バッテリー交換を行いまして。

電池持ちが悪くなってきたなぁと思ったのでバッテリーを交換してみました。

大雨に打たれたり程度の水没ならバッテリー交換で治ることもあるようですので

参考程度にシェアしておきます〜。

(参考になるかは、いささか微妙ですがw)

iPhoneのバッテリー交換には特殊な器具が必要!

みなさんも御存知の通り、私は以前iPhoneのロゴを光らせるアレを

購入して改造済みですので、所有していましたが

ほとんどの方は持っていないと思います。

iPhone分解に必要な器具はAmazonなんかで買えちゃいます。

世界最大の品揃えを持つAmazon様。

手に入らないモノは非合法なものくらいです。

ということで交換用バッテリーもAmazonでポチー。

商品の中には先程の工具もセットで付いているモノもあるので

実際に購入する際はよく調べて買ったほうが良いかもです。

ということで実際にバラしていきます。

まずは、Lightningコネクタ横のネジをネジネジ。

iphone6s_battery2

ココが特殊な星型ドライバーなのです。

しっかり合わせないとネジ穴を舐めまくって大変なことになります。

液晶面を持ち上げて内部を露出させる。

工具セットの中にはこんな感じの吸盤ちゃんが入っているので

液晶面にペタッと貼り付けて引っ張りながらスキマにピックを差し込んで開いていきます。

iphone6s_battery3

保護ガラスとか貼ってる人は

ガラス吸着面にブスっと行かないように注意してくださいね。

iphone6s_battery4

こんな感じでパカっと開きます。

差し込むピックは若干写り込んでる青いやつです。

ギターのピックみたいなカタチをしているので勝手にそう呼んでるだけです。

バッテリーパックの取りはずしを行います。

バッテリーは接続端子が保護カバーに覆われているので

まずはそれを取り除いていきます。

iphone6s_battery5

この対角線をネジ止めされている銀色のプレートがソレです。

ココは極小プラスドライバー。間違えないように。

iphone6s_battery6

外すとバッテリーの接続端子がプチっと外れます。

コレで交換準備完了です。

初めての人はココからが難関。バッテリーの取り外し

私はもう処理してしまって、写真も撮ってないのですが

バッテリーは超強力な両面テープでくっついているので、

端っこからゆっくり時間をかけて持ち上げて、

癒着部分を剥がしていきましょう。

無理に取るとバッテリーが傷ついて某スマホのように発火するかも?

念のためバッテリー残量はゼロでやったほうが安全です。

バッテリーが取れたら、あとは入れ替えるだけ。

バッテリーを取り外すと、こんな感じです。

iphone6s_battery7

このバッテリー部分に見える黒いものは、

例のロゴを光らせるキット。

初めての人はココに普通のロゴが付いているはずです。

iphone6s_battery8

バッテリーをポンと入れて…

iphone6s_battery9

端子をパチっと接続しましょう。

ココまでくればもう安心です。

あとは逆順でiPhoneを組み上げていきましょう。

最後のネジ止めも忘れずに。

バッテリー交換が終わってショックだったこと

こうして無事に生き返った我がiPhoneですが、

ショックだった事がひとつ。

背面のロゴが光らなくなってました…

恐らく交換時に電源供給用の端子がズレてしまったっぽいです。

また分解するのもリスキーだし、もういいかなぁと思っています。

リスクはあるけどコスパ最強の自力修理

iPhoneの修理はいつもいつも高額で、

保証とか入っておけば1万円以下の手出しで済むことが多いですが

せっかくの愛するスマホは自分で直してやりたいもの。

ハイテク端末の分解は修理業者だけが行うイメージが強いですが

触っても良いとこ悪いとこをしっかり理解しておけば、

格安で端末を生き返らせることが可能です。

バッテリー持ちに悩んでいる人は試してみても良いかもしれませんね!

-スポンサーリンク-

 - iOS