THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

【Android】今更ながらGALAXY S7 EDGEが欲しくなったのでiPhone6sと比較!

      2016/08/06

サムスンより発売中のフラッグシップモデル

GALAXY S7 EDGEをドコモショップで触ってしまいました。

今までiOS端末が最強と思っていましたが、

なかなか悪くない。むしろ欲しいと思ったので色々調べてみました。

GALAXY S7 EDGEとiPhone6sのスペックを比較。

GALAXY S7 EDGE

ということで、ハード面のスペックを比較していきたいと思います。

比較していて思った率直な感想は、マジで欲しいということ(笑)

両者のスペックを表にまとめてみる。

GALAXYS7 EDGEとiPhone6sスペック比較
GALAXY S7 EDGE
iPhone6s
OS
Android
iOS
サイズ・重量
151✕73✕7.7(mm)
約158g
138.3✕67.1✕7.1(mm)
約143g
連続待受時間
約420時間
最大約240時間
ディスプレイ
約5.5インチ
(有機ELディスプレイ)
約4.7インチ
(3DTouch対応Retinaディスプレイ)
CPU
クアッドコア
(2.2GHz+1.6GHz)
デュアルコア
(1.85GHz)
バッテリー
3,600mAh
1,715mAh
カメラ有効画素
約1,220万画素
インカメ約500万画素
約1,200万画素
インカメ約500万画素
WiFi
802.11a/b/g/n/ac
802.11a/b/g/n/ac
搭載メモリ
RAM4GB
ROM32GB
RAM2GB
ROM16/64/128GB
おサイフケータイ
対応(FeliCa含む)
非対応
モバイルTV
ワンセグ/フルセグ対応
非対応
防水/防塵
防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
非対応
指紋認証
対応
対応

はい、いかがでしょうか?

基本的にほぼすべての項目でiPhoneを上回っています。

Apple信者として悔しいですが、敵ながらアッパレという印象。

中でも特に大きな差はおサイフケータイと防水機能

全体的に優っている感じがにじみ出るGALAXY S7 EDGEですが、

特に気になるのは、防水・防塵仕様とおサイフケータイ。

iPhone7にもおサイフケータイ機能はナシ

9月前半に発表されるという噂のiPhone7も気になるところですが、

どうやらiPhone7にもおサイフケータイ機能は搭載されないようです。

おサイフケータイ機能を使うかどうかは完全に人それぞれですが、

現金をあまり持ちたくないワタシはかなり欲しい機能です。

GALAXY S7 EDGEほしい・・・

防水はIPX5/IPX8かなり高性能なキャップレス防水

スマートフォン用の防水規格として有名なIPXですが、

あまり詳しくない方もいらっしゃると思います。

参考までにどうぞ。

スマホ用防水規格IPX5とは。

IPX5は水濡れに対する耐性のことで、

あらゆる方向からのノズルによる噴流水を受けても有害な影響がない。

内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を

3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる

直接噴流水を浴びても、電話機としての性能を保持できる。

つまり、突然の雨や水しぶきなら完全に防げるようなスペックですね。

スマホ用防水規格IPX8とは。

IPX5は「水濡れ」に対する耐性でしたが、IPX8は「水没」に対する耐性です。

常温で水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、

約30分間水底に放置しても、電話機本体内部に浸水がなく、

電話機としての性能を保持できることです。

継続的に水没しても内部に浸水することがない。

つまり、ついやってしまうトイレへのポチャンや

お風呂で使っていて浴槽へポチャンなどは水の侵入を防げるようです。

流石に海中へ撮影用に持って入ったり、鍋でグツグツ煮るのはアウト。(笑)

これだけの防水規格を満たしながらキャップレス防水

キャップレス防水とは、スピーカーやUSBコネクタ

イヤフォンジャックなどをキャップで塞がないということです。

穴は空いたままですが、内部への水の侵入を防止することができます。

サムスンなかなかやるな…

GALAXY S7 EDGEのデメリット

流石に負けっぱなしではApple信者として悔しいので、

血眼になってGALAXY S7 EDGEのデメリットを探してみました。

が!

あんまり見つからない・・・

唯一見つけたそれっぽいデメリットは、

インカメで顔写真を撮影すると若干顔が伸びる。

というなんとも微妙なデメリット。

インカメで自撮りをしない人にとってはほぼデメリットはなさそう。

GALAXY S7 EDGEは欲しいものを全部詰め込んだ最高水準スマホ

ということでいろいろと書いてきましたが、

正直いままでバカにしててごめんなさいという感じです。

もともと昔はAndroid端末を使っていた筆者。

しかし、当時はiOSの性能が抜群に上回っていたので、

てっきりそのイメージが根付いていましたが、

どうやら技術革新でAndroidの性能もどんどん上がってきているようです。

アメリカではiPhoneのシェアをAndroidが上回ったという話も聞きます。

カタログスペックだけ見たら完全になんじゃこりゃ!でもサムスン…

バッテリーはiPhoneの倍以上の容量だわ、

有機ELディスプレイはめっちゃキレイだわ、

置くだけ充電できるわ、

急速充電めちゃくちゃ早いわ、

おサイフケータイだわ、テレビ見れるわもうなんじゃこれ!!!

と悶絶級の特盛りスペックですが、

心残りなのはサムスン製ということ。

あんまりサムスンに対して良いイメージを持ってないので

かなり買うのを躊躇しています。

コレがXperiaとかだったら即買ってたのに。

本音を言えば超ほしい。でもiPhone7の発表までは待つ。

ワタシはiPhoneを3GSからずっと使い続けているので、

今更Androidへは行けないよ〜なんて気持ちもありますが、

ここは諭吉にモノを言わせて買うべきか。

とはいえ9月のiPhone7の発表で、革新的なアップデートがあれば

また心をAppleに戻せそうです。

2つの意味で9月の発表を楽しみに待とうかなと。

またGALAXY S7 EDGEを買うと決めたらブログにて報告します。

-スポンサーリンク-

 - ITGadget