THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

【スマートウォッチ】AppleWatchを超えるか!? GearS2を衝動買いレビュー!

   

スマホ買ったらウェアラブルも欲しくなる今日このごろ。

なかなか高価で手が出ませんでしたが、結局現物をみて衝動買い。

通知とか気になりますからね、良いんです…

今日の格言

“人間は感情でものを買い、それを理屈で正当化する” byなんかの本

では行ってまいりましょう。

スマホ変えたらスマートウォッチも合わせたい。そう、物欲の連鎖

新しい物を買ったら、

ソレに合わせたアイテムが欲しくなるのは当然。

例えるなら、

ジャケットを買えば、合わせるデニムが欲しくなる。

デニムを買ったら次は靴が欲しくなるというように、

連鎖的にものが欲しくなってきます。

コレを「物欲の連鎖」といいます。すみません、今考えました(笑)

やはりAppleWatchのように、

手元で情報を通知してくれる端末は本当に便利なんです。

スマホを常に握っているなら必要ないかもしれませんが、

カバンに入れてる時や、ちょっと離れた時などの

着信やLINEの通知は本当に助かるんです。

購入したのは、より腕時計に近い「GearS2 Classic」

giar_s2_1

安いか高いか中くらいかと聞かれれば、

これは中くらいのモデル。約45,000円ほど。

AppleWatchとは正反対の、真っ黒で円柱状の箱です。

MicroUSBもなし!シンプルで最小限の同梱物

giar_s2_2

同梱物はこんな感じでした。

左側から

クイックスタートガイド、本体、換えバンド、充電器のみでした。

MicroUSBケーブルは付属していません。

そういえばGALAXY S7 EDGE買った時も入ってなかったな…

MicroUSBは余って捨てられることが多いので逆にありがたいです。

サムスン製スマートウォッチ「GearS2」とAppleWatchを比較!

giar_s2_3

毎度のことながら腕毛の話はご勘弁。

四角いAppleWatchよりも丸いGearS2のほうが

かなり大きく見えます。実際大きいんですけどね(笑)

視認性はかなり高いと言えるでしょう。

AppleWatchとGearS2のスペックを表にまとめてみる。

Apple_WatchApple「AppleWatch」
Gear_S2Samsung「GearS2 Classic」
サイズ
約38.6✕33.3✕10.5mm
約39.9✕43.6✕11.4mm
重量
約40g
約42g
CPU
プロセッサ一体型512MB(細部不明)
1GHzデュアルコアCPU
使用OS
WatchOS
Tizen
バッテリー
約205mAh
250mAh

表にまとめるとこんな感じです。

それぞれ使用OSの違いなどもあり、

一概に優劣をつけづらいですが、CPU面やバッテリー容量などで

サムスン製のGearS2が優っています。悔しながらアッパレ。

ベゼルを回す操作はAppleWatchを完全に超える操作性!

giar_s2_4

このギザギザしてるベゼルがカチカチと気持よく回ります。

この操作感はAppleWatchでは味わえないですね。

最初はAppleWatchの電子リューズも気持ちよかったですが、

コレは文句なしGearS2の勝利です。ティム・クックごめん。

視認性の高いディスプレイ。メールも読みやすくかなり便利。

giar_s2_5

ちょうどメールが来たのでパシャリ。

文字もかなり見やすいです。

ベゼルをカチカチと回してスクロールしていきます。

右側に小さく見える点々はメニューアイコンで、

コレをタップするとアーカイブなどのメニューが出てきます。

豊富なウォッチフェイス。ダウンロードして追加もできちゃう。

giar_s2_7

ウォッチフェイスの変更はスマホで行います。

アプリ上に公開されている様々なウォッチフェイスを

自由にダウンロードして適用することができます。

自分に一番合ったウォッチフェイスを探すのもこれまた楽しい。

充電はQi(チー)を使ったワイヤレス給電

giar_s2_6

先ほどの充電器の裏側にMicroUSBをプスっと刺して

後は置くだけで充電できます。

置くだけ充電はAppleWatchも採用しています。

いちいちケーブルを挿したり抜いたりしないので、

ハード面のトラブルは少なそうです。

現在購入してから5日ほどしようしていますが、

電池持ちもかなり良く、2日間くらいは余裕で持ちます。

唯一難点があるとすればTizen

AppleWatchはiOSと連携を強化した

WatchOSを使用していますが、

このGearS2は完全独自開発のTizenというOSを使用しています。

今のところインストールしたアプリ達は大丈夫ですが、

Androidと完全に互換性があるわけではないので、

アプリによってはGearS2で対応していないこともあるようです。

みんな違って、みんないい by金子みすゞ

iPhone6sとGALAXY S7 EDGEという2台のハイエンド端末と

それぞれのハイエンドウェアラブル所有者となったワタシですが、

どちらも良いところ、悪いとこがあるのは当然なので

どっちが優勝!というのを決めるのは難しいです。

AppleはAppleWatchの強化を進めていますし、

サムスンはGearS2のiOS対応を進めているようです。

iOSでGearS2が使えるとなると、軍配はサムスンに上がりそう。

AppleにはGearS2の勢いを喰らうスペックのAppleWatchを期待しています。

どちらにせよ、たくさんの諭吉が私の元から飛び立つのは確実…totoBIG早く当たれ!

-スポンサーリンク-

 - ITGadget