THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

iPadAir2に合う最強のキーボードを探す。

   

と、いうことで持っていなくても別に問題ないけれど

あったらあったでむちゃくちゃ便利なタブレット端末。

使い方は人それぞれですが、ゲス男の場合はiPadで文書を作ったりとかしています。

そこで気になるのは入力のしやすさ(快適性)と持ち運びやすさです。

と、いうことでiPadに合う最強のキーボードを追求していきたいと思います。

iPad mini2時代はこんなキーボードを使ってた!

IMG_3004

見づらい画像ですみません!

一応説明しておくと、端っこが磁石になっていてiPadにパタンとくっつくタイプのやつ。

バックライトキーボードも搭載していて使い勝手は良かったです。

microUSBによる充電式で、一回の充電で数ヶ月は持つ燃費の良さ笑

2年ほど前に購入して、1年半ほど使っていました。

使わなくなった理由は、iPad mini2からAir2へ端末を乗り換えたからです。

ということで現在は持っていないので詳細な画像をアップできません・・・

購入はAmazonさんで購入したのですが、現在は取り扱っておらず入手困難と思われます。

キーボードという枠での最強はMac!

ゲス男はパソコンが好きで、今まで様々なキーボードを触ってきていますが

おそらく最強のキーボードはMacBook Proのキーボードかなという印象です。

キーピッチ、ストローク、バックライト、あとは打鍵音

全てにおいて個人的なストライクゾーンにしっかり収まっています。

130407_tactile02-thumb-640x360-55489

今となってはこういうゴチゴチのキーボードは使いにくくてたまりません。

一時期はゲーミングキーボードのような派手なデザインにも憧れましたが

そんな熱もどこへやらということで現在はシンプルで打ちやすいというところに重点を置いて探しています。

ソフトウェアキーボードは実はそこそこイケる。

前まではiPad mini2を使っていたということで

その画面の小ささから、ソフトウェアキーボードはほとんど使っていませんでした。

しかし、iPadAir2で使ってみると…うん、意外と打ちやすい。

もちろん横画面で使用した時のお話ですが、画面が広い分むちゃくちゃ打ちづらいということはありません。

ソフトウェアキーボードではダメな理由

そこそこイケるならそれでいいじゃん!という話にもなりそうなのですが

ソフトウェアキーボードは、やはり打ってる感がありません。

キーに物理的に触れている感触ももちろん無いので、タイプミスをしていてもそのまま進んで行って

あとからミスした箇所に戻って修正という事が良くあります。

ミスした場所に戻るということは、入力カーソルを移動させるということになり

カーソルキー(矢印キー)のないソフトウェアキーボードはやはり不利になってしまいます。

画面の汚れはモチベーションと生産性を下げる

そしてもう一つ。

それは画面をタイピングするときに付着する指紋です。

画面の左右どちらか半分だけが、キー入力による指紋がベッタリとついてしまいます。

気にならない人はそれでも良いかもしれませんが、画面の指紋ってほとんどの人が気にするポイントです。

そのため、気になったら拭き拭きして、また入力して拭き拭きしてという

入力→拭き拭きルーティンが完成してしまいます。

現在では指紋のつきにくいガラスコーティングシートも販売していますが

やはり気休め程度のものなので入力が終わった頃にはベッタリと指紋が付いていることでしょう。

てなわけでソフトウェアキーボードはナシ。

やはり自分の手で触って確認するのが一番。

散々文句ばかり書いてきましたが、ちょっと数種類キーボードを注文しましたので

iPad Air2に合う最強のキーボードを検証してこれからアップしていきたいと思います!

やっとガジェット系レビューが書ける。笑

わらび餅レビューばかりじゃ面白く無いもんね!

-スポンサーリンク-

 - ITGadget, Keyboard