THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

【レビュー】今更ながらにiQOSをゲットしたので紙巻たばこと吸い比べ。

   

近所のコンビニでiQOS(アイコス)を予約すること約2ヶ月。

忘れた頃にコンビニから「届いたよ!」との連絡が。

おいおい、昨日カートン買ったとこだよ…と思いつつ受け取ってきました。

あ、レビューと言っても

発売からもうかなり時間が経ってるし、知名度もかなりあるので

詳しいレビューはやりません、あっさりした感じでやります。はい。

某リンゴマークの企業を強く意識したパッケージ

iQOS1

白を基調とした箱に、本体の写真がドーン。

どこかで見たことのあるパッケージデザインです。

絶対意識してると確信したパッケージング

iQOS2

いやこれもう…完全にiPhoneっぽいやん。

間違えてSIMカードスロット探すところやわ…

iQOS3

本体が乗ってる上ブタをパカっと取ると

下には充電器セットと、クリーニングキットが。

一箱を目安に掃除してくださいとのことでした。

紙巻たばことヒートスティックを比べてみる。

ご存知のこととは思いますが、

iQOSはこのままでは吸えません。

この本体にヒートスティックと呼ばれるタバコっぽいものを

プスっと刺して吸引します。スニッフィングじゃないよ。(笑)

iQOS4

上がいつも吸ってるJPSというタバコ。

下に添えてあるのがヒートスティックです。

長さにして約半分の長さといった具合でしょうか。

こんなに短いのが20本入って一箱¥460

コスパは良くないですね…

銘柄は全4種類!詳しい違いはググッてくれ!

今回はレギュラーという銘柄を購入。

ヒートスティックは現行4種類リリースされていて、

・レギュラー

・バランスドレギュラー

・メンソール

・ミント

というバリエーション。

詳しい違いは…ググってください…

葉っぱの密度がぜんぜん違う!

iQOS5

写真じゃわかりにくいかもしれませんが、

現物を見比べると密度の違いがハッキリわかります。

ヒートスティックのほうがギッシリ詰まってます。

吸う前にトントンやる必要性もなし。

iQOS童貞を卒業、いざ一服!※写真はありません。

おっさんがタバコ吸ってる写真など何の価値もないので省略して(笑)

タバコとはまた違った焦がし芋みたいな臭いがします。

とはいえタバコ特有の臭いとは違うので

全力でクッッサ〜!とはならないはず。たぶん。

臭いレベルを紙巻たばこと比較すると、

紙巻タバコ:★★★★★

iQOS:★☆☆☆☆

って感じです。

完全に無臭というわけではないようです。

紙巻タバコのタールを改めて感じるフィルター。

紙巻たばことiQOSを吸い比べて驚いたのが、

口に当たる部分のフィルターの汚れ!

百聞は一見にしかず、ご覧あれ。

iQOS6

き、きったね〜!

改めて見るとこんなに汚いのね…

コレが口の中や肺の奥まで入り込んでるとなると

そりゃガンにもなるよね、改めて見て実感しました。

一方iQOSは、ほんのり黄色っぽくなったかな?という程度です。

だからといって無害ではないんでしょうけど、

カタログスペックによると、タバコの有害物質を9割減しているようです。

正直な感想を言うと、紙巻たばこが良い。

どっちも吸いましたが、ぶっちゃけて言うと

紙巻たばこのほうがイイです。

恐らく理由は「慣れているから」だと思います。

吸った後の口の中の苦味や余韻なんかも含めて

タバコという嗜好品だと思っているので、

iQOSを吸うとなんだか旨味が減っているような気がします。

しかしながら、iQOSを吸っている同僚なんかに聞くと

「もう紙巻たばこには戻れない」という意見がかなり多いので

結局は慣れの問題という所に落ち着くんですが(笑)

喫煙は、マナーを守って楽しく吸いましょう。

iQOSは紙巻タバコよりも害が少ないから大丈夫!

と言いながら、人前でスッパスパ吸っていると

周りの人からヒンシュクを買うことになるでしょう。

近年はどこでも禁煙化が進んで、

喫煙者の肩身がどんどんと狭くなってきています。

なのでiQOSといえども吸うときは喫煙所で吸ったり、

喫茶店で吸うときは隣の人にひと声かけたり、

そういった紳士たる喫煙者としてのマナーを守って楽しい喫煙ライフを送りましょう。

 

-スポンサーリンク-

 - 買ったモノたち