THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

GALAXY S7 EDGE用のケース SPIGEN RuggedarmorがかなりGood!

      2016/08/20

さすがにギャラちゃんを裸で使うのは怖いので、

スマホケース界で定評のあるSPIGENさんでポチりました。

ちなみにRuggedarmor(ラギッドアーマー)と読むらしいです。

「ゴツゴツした、無骨な」みたいな意味。かっこよろし。

特有の持ちづらさを解消するにはケース装着が一番

やっぱiPhoneもそうなんですが、

裸が一番かっこよくてスタイリッシュなんですが…

むちゃくちゃ滑りやすくて持ちづらい。

ということで、iPhone5s時代に使っていたSPIGENさんのお世話になることに決めました。

ruggedarmor1

安定の外箱のかっこよさ。

ちなみに貧乏性の私はこういう化粧箱は全部保管しています。(笑)

背面デザインがかなりかっこ良い。

ruggedarmor2

ケースの上下に配置されたカーボンっぽい装飾が

かなりいい味を出しています。個人的にはかなり好き。

内側はお馴染みのポコポコ加工

ruggedarmor3

このブロック状に分けられたポコポコが

落下時の衝撃を吸収し、本体への影響を軽減するみたいです。

TPU素材で装着もストレス無し。

ruggedarmor4

前にiPhone用に買ったPower SupportのAirJacketSetは、

非常にピッタリ作られているうえに、硬質で

かなり着脱に気合が必要でしたが、このケースは

TPU特有のふにふに素材でかなり着脱が楽です。Good!

前面は装着しても印象を変えづらいエッジギリギリ。

ruggedarmor5

手に持てば若干大きくなった感を感じますが、

持ちやすさは抜群に向上しますね!

前面は見た目にはそこまで印象を変えないので、かなりおすすめです。

ポート類も最低限の広さは確保。大きめのケーブルも挿せそう。

ruggedarmor6

下部のポート関係は若干広めに開いています。

GALAXY S7 EDGEはキャップレスの防水防塵が、

標準装備されているので、特に外蓋とかもありません。

AnkerのPowerlineも余裕で挿せます。

持ちやすさを極めるために、もちろんiRingを装着

ruggedarmor7

一応ケースに合わせて黒いものをオーダーしました。

ケース表面が若干さらさらしてるので、貼りつくかどうか不安でしたが

普通に張り付いて剥がれる様子も特にありません。これもまたGood。

スマホケースは保護はもちろん、持ちやすさも追求するべし。

個人的に手帳タイプのケースを使わないのは、

単純に持ちづらいから。

画面までカバーできて防御力はそこそこあるかもしれませんが、

私はあのカバーを外すワンアクションがどうも面倒なのです。

様々なスマホケースがリリースされていますが、

防御力だけでなく、手に馴染む持ちやすさも追求すれば

スマホライフはもっと楽しくなりますよ!!

-スポンサーリンク-

 - 買ったモノたち