THE FUNNY LIFE

結構真面目にガジェット記事を書いたり、どゲスいネタを書いたり。

ネット環境が外出時も欲しい!モバイルWiFiとスマホのテザリングどっちがお得?

   

外出時や旅行時にお外でも快適にネットを使いたいものですよね。

普段ネット環境のある所に住んでいて、ネット環境のない実家や旅行先へ行くのなら尚の事。

ということで、そんな時はどんなのがお得?という質問を受けましたのでちょっと調べてみました。

それぞれのメリットとデメリット

調べていくうちに個人的に感じたメリット・デメリットを書いていきます。

まず前提として、ここでのモバイルWiFiはビッグローブのものをメインで考えたいと思います。

接続するものはスマホ2台とタブレット端末と仮定。パソコンは特に考えません。

理由としては、ドコモ回線を使用していて、使用可能エリアがむっちゃ広いから。

モバイルWiFiのメリット

・ドコモの電波が入るところは基本的にどこでも使える。

・スマホの使用通信量を気にせず使える。

・月々の支払いが比較的安価

・結構強力な割引サービスを受けられる。(3ヶ月プラン料金無料など)

と、いったところでしょうか。

かくいうワタシはモバイルWiFiを持っていないので、使用感については何ともいえません。。。

モバイルWiFiのデメリット

・光回線とは違って通信制限がある。

・スマホ本体とは別にモバイルルータを持ち歩かないといけない

・充電器やコード、本体に関連する小物も旅行へ持っていく必要がある。

・基本24ヶ月更新のため、不要になっても料金を払い続ける必要がある。

・途中解約は容赦なく違約金パンチが飛んでくる。

デメリットについてワタシが感じたところはこんな感じ。

常に使い続けるならいいんだけど、短期間の旅行時のみの使用なら

少しもったいない気がします。

帰ってきても通信制限に怯えなくて良いのはメリットだとは思うけど。

スマホでテザリングをした時のメリットとデメリット

では、今度はスマホでテザリングをした場合について。

こちらも接続端末はタブレット。キャリアはドコモで考えます。

手法としては、通常5GBとか7GBの個別パケットプランを、

大容量かつシェアOKのシェアパックに変更し、通信容量を確保します。

ドコモに設定する理由は、質問者さんがドコモだから。(笑)

スマホでテザリングした時のメリット

・新しくガジェットを買い増さなくても良い。

・持ち歩くのもスマホと接続端末のみ。

・必要な月のみプラン変更すればいいので、継続的なコストがかからない。

個人的にかなり重要なのが継続的なコストがかからないところ。

新たに支払先を設定する必要もないので、手順もシンプル。

スマホでテザリングした時のデメリット

・プラン変更した月の料金が高額

・プラン変更のためドコモショップまで出向く必要あり。

・余裕はあるが、容量制限あり。

って感じですね、他にも細かいポイントはいくつかあるんですが

どれもそれほど気にならないので、主だったのものは上記の3つです。

どっちがお得?料金シミュレーションしてみた。

いつの時代もどんな業界も結局モノを決めるのはコスト。

ということで、カンタンですが料金シミュレーションをしてみました。

モバイルWiFiの料金シミュレーション

まず、それぞれの単価を書いていきます。

モバイルWiFi本体:1,008円(税込)✕24ヶ月=24,192円

初期費用:3,000円(初月のみ徴収)

パケットプラン

12GB/月:2,700円

6GB/月:1,450円

3GB/月:   900円

セキュリティオプション:380円

12GB以外のプランはちょっとアレなので今回のシミュレーションは、

12GBのプランでやっていきたいと思います。

ビッグローブのモバイルWiFiは12GBプランかつ、

セキュリティオプションをつけると、最大3ヶ月プラン料金が無料になります。

セキュリティオプション割引を受けないパターン

初期費用:3,000円

本体料金:1,008円

プラン料金:2,700円

初月合計:6,078円

次月以降:3,708円

2年間払い続けると…91,992円となります。

セキュリティオプション割引を受けるパターン

初期費用:3,000円

本体料金:1,008円

プラン料金:2,700円

セキュリティオプション:380円

初月合計:7,088円‐3,080円(割引)=4,008円

次月以降3ヶ月目まで:1,008円

4ヶ月目以降:4,088円(割引期間終了のため)

2年間払い続けると...91,872円となります。

モバイルWiFiを使うなら、セキュリティオプションを付けたほうが120円お得。(笑)

ドコモのプラン変更料金シミュレーション

例のごとく、各プラン単価は以下のとおりです。

シェアパック30GB:22,500円

シェアパック20GB:16,000円

シェアパック15GB:12,500円

シェアパック10GB以下もありますが省略します。

15GBのプランは従来のプランとそんなに変わらないかもしれないので省略。

2のつスマホを合わせて20GB使えるシェアパック20から書いていきます。

シェアパック20(20GB)シミュレーション

カケホーダイ2,700円✕2台:5,400円

シェアパック20:16,000円

シェアオプション(シェアされる端末にかかるお金)500円✕1台:500円

ずっとドコモ割:‐800円(割引)

spモード料300円✕2台:600円

トータル通信料(2台合わせて):21,700円

この金額に、スマホ本体の分割料金が加算されます。

シェアパック30(30GB)シミュレーション

カケホーダイ2,700円✕2台:5,400円

シェアパック20:22,500円

シェアオプション(シェアされる端末にかかるお金)500円✕1台:500円

ずっとドコモ割:‐1,000円(割引)

spモード料300円✕2台:600円

トータル通信料(2台合わせて):28,000円

この金額に、スマホ本体の分割料金が加算されます。

シミュレーション終了!個人的にはドコモでプラン変更を。

まず、言っておきますが別にドコモさんからインセンティブを受け取っているわけじゃありません(笑)

1ヶ月あたりの出費は、ドコモでプラン変更をした時のほうがはるかに大きいですが、

月々継続して2年払い続けるよりもかなり安く抑えることができます。

しかし、モバイルWiFiも月々4,000円弱の手出しで常にWiFiの恩恵を受けられるのは大きいかなと思いました。

しかし、月に4,000円出すならあと2,000円ほど出費して光ネット引こう…ってなるのがやはり見えてしまうので、ワタシの総合的なアンサーはドコモでプラン変更がベターと思いました!

上記はあくまで個人的な意見です。

色々とシミュレーションを交えて書いてきましたが、

すべてワタシの個人的な主観と一般公開されている情報を整理しただけです。

最後に購入または契約をされるのはご覧になってる皆さんだと思いますので、

活用方法などをしっかりとご検討したうえで購入なり契約なりしてやってください!

 

-スポンサーリンク-

 - 格安SIM・MVNO関連